集客対策における効果的な予算配分と、コンテンツを活かした外部対策の提案

クライアント

留学サポート A社様

ショップ名

留学サポートの総合情報サイト

事業内容

航空券の手配・留学サポート

課題

・Webサイトの広告に関して予算を用意していたが、SEO対策とリスティング広告のどちらにどれだけの予算を取るべきなのか想定することができなかった。

 Webサイトを複数運営しており、広告費の配分が難しいご状況で、適切な予算の分配に悩んでいらっしゃいました。

 

・内部対策以外のSEO施策がわからず、効果的な施策を取れなかった。

具体的には、インデックス数やキーワード比率に留意して、コンテンツの数を増やしていく施策を行っていました。

しかし実際の集客効果につながっていなかったため、他に効果的なSEO施策はないかと悩んでいらっしゃいました。

ご提案

・広告に割く予算に対する効果を考慮したうえで、SEOに取り組む比重を重くするように提案をいたしました。

リスティング広告に比べて自然検索は、同じ1ページ目でも平均クリック率が断然高いので、1ページ目を目指してSEO対策をする戦略を打ち出しました。

 

・当時ほとんど手付かずだった外部対策を重点的に行う提案をいたしました。

調査をしたところ、内部対策は積極的に取り組んでいた成果か、インデックス数もコンテンツの内容もSEO上問題のない状況でした。

しかし依然としてGoogleに認識されづらい状態でしたので、重要なランキング要素である外部施策による改善をご提案しました。

導入経緯

複数サイトを運営しており、メインのサイトで検索順位が下がっている・安定しないことに対して悩んでいる状況でした。

また、Webサイト運営は今後も拡大していく方針ではあったものの、どのサイトにどの施策内容でどのくらいコストをかけていくか決めかねていました。

 

SEOに関しては、社内の担当者がWebサイトに記事を大量にアップしており、インデックス数が急激に増えている状況でした。

しかし外部対策に関してはなにも取り組んでおらず、増えているコンテンツを効率的にSEO効果に反映できずにいました。

状況を分析した結果、関連度が高く質の良い外部対策を増やしていく必要性が高いと判断し、プレミアムリンクをご提案させていただきました。

分析内容から必要な外部対策の強さをご説明させていただいたところ、弊社の分析力や対応にご満足いただき、ご契約に至りました。